WEB標準について

WEB標準とは

WEB標準について

WEB標準とは、W3C(World Wide Web Consortium)に代表される国際的な標準化団体によって策定された、WEBで標準的に利用される技術的な仕様やガイドラインの総称です。わかりやすく言い換えればホームページの制作に関する公式ルールのようなものです。これまでのWEBサイト制作はブラウザでの見栄えを優先し本来表組みに使用すべきタグをレイアウトに使ったり、デザイナーが本来のタグの意味などを全く無視してブラウザでの見た目だけを基準に使用されてきました。これに対しWEB標準とは、文書構造と視覚表現を分離させたXHTML+CSS(スタイルシート)を使用した制作方法で、どんな環境下でも同じレイアウトで利用することができるユニバーサルデザインのWEBサイトを構築することです。WEB標準で制作したホームページには様々なメリットが得られます。今後多くのWebサイトがWeb標準化に向けて確実に進むことが予想されております。

WEB標準のメリット

WEB標準のメリットとして以下のようなものが挙げられます。

メンテナンス性の向上
XHTMLでサイトのコンテンツを正しく構造化しCSSで視覚表現(デザイン)を一括コントロールする為、サイトの修正の負担が大幅に軽減できる。
アクセシビリティ(利便性)の向上
正しいXHTML+CSSで制作することで、さまざまなブラウザ環境に対応し、障害者や高齢者に配慮したアクセシブルなページを作成できる。
SEO(検索エンジン最適化)対策
検索エンジンのクローラは、HTMLソースをそのまま解釈するので、構造化されたシンプルなソースは検索されやすい。WEB標準に基づいた適切なマークアップをすることで、人間だけでなく検索エンジンにもわかりやすいページを作ることができる。
ファイルサイズの低減とサーバースペースの節約
ソースを合理的に記述することで、ファイルサイズの低減とサーバースペースの節約が図れる。同時に表示速度の高速化とサーバー負荷の軽減が達成される。
今後の拡張性も視野に入れた仕様
WEB標準に準拠したWEBサイトは、ブラウザによる互換性の確保や、将来的な再利用性や相互運用性、今後リリースされる様々なモジュールへの対応も容易になります。

弊社ではWEB標準によるホームページ制作をいたしております。お気軽にお問い合せください。

お問い合せ・お見積りはこちら

無料見積りはこちら

サービスメニュー
会社概要

サービス提供エリア

訪問対応エリア

(下記以外の地域はご相談ください。)

広島市/中区/東区/南区/西区/安佐南区/安佐北区/安芸区/佐伯区/廿日市市/安芸郡/安芸高田市/山県郡

全国対応可能

(メール、お電話等による打ち合わせ)

北海道/青森/岩手/秋田/宮城/仙台市/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/群馬/栃木/愛知/静岡/三重/岐阜/新潟/長野/山梨/石川/富山/福井/大阪/京都/奈良/兵庫/滋賀/和歌山/岡山/広島/鳥取/山口/島根/愛媛/徳島/高知/香川/福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島 /沖縄

私は、チーム・マイナス6%に参加しています。

当サイトは、web技術の国際標準化団体であるW3Cなどが規格化したweb標準規格に準拠していることが検証されています。(クリックして確認)

このページの先頭へ戻る